クラシックギター講師市川亮平のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミックス

<<   作成日時 : 2016/03/17 01:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、平成27年の確定申告も無事終わりました。
お蔭様で、クラシックギター界の末端で、細々とではありますが仕事が続けられ、
皆様には感謝しております。


昨年9月頃から本当に基礎の基礎を身につけてもらうために
・半音階(クロマチックスケール)左手1-7    目的:左手の脱力と効率的な使い方
・半音階右手1-5      目的:右手の脱力と効率的な使い方 綺麗な音の出し方
・左手の上下移動1-4   目的:自分の意図した表現を妨げる技術的な問題を取り除く
・ポジション移動       目的:自分の意図した表現を妨げる技術的な問題を取り除く
という基礎技術の練習を作りましたが、実を結んできました。

これらの練習はそれぞれ違う方のために個別に作ったのですが、
上達進度によって皆さんに順次取り組んで頂いております。

これらの基礎を完全に身につけている方は私も含めて一人もいないのですが、
ある程度身に付いてきた方は、これら別々の技術をまとめる作業に入っています。


上記の練習の目的にもあるように、ここをこう弾きたい!と考えても技術的な問題、
主に必要以上の「力み」と、指を押さえる・離す・移動する・弦を弾くのタイミングのずれが原因ですが、
まとめに入った方は、それが解消され、希望する表現で弾けないという事が無くなってきました。

このまとめる作業がとても楽しくて、
今まで出来なかったフレーズが、
全ての基礎がある段階まで来ると、
曲自体をあまり練習していなくても突然出来るようになり
その瞬間の弾いている本人も驚く顔を見るのが好きです。


そして表現を妨げるものが無くなったら、
終止とナチュラルデクレッシェンドで自分の好きな表現を模索し、その幅を広げる。
ようやく自分のやりたいことの到達点に近づいてきました。


現時点で最もこの基礎とその人独自の表現方法を身につけているのは、
昨年の発表会でソルの「魔笛の主題による序奏と変奏」を弾いた小学3年生の女の子ですが、
音大受験当時の自分と彼女の今の演奏を聞き比べ、
コンクールや受験での合格者としてどちらが良いか選べと言われたら
100人中100人が彼女の演奏の方が良いというでしょう。


今の自分と比べてもそうかもなあ・・・
音大受験前1年間や入ってからも毎日8時間練習して睡眠時間は3時間、
金曜夜だけ7時間眠って良いと結構頑張ってたんですけどね。

お昼も時間節約のために廊下でバナナを食べるだけでした。
空き時間は練習室にこもっていたので、同級生に学校に来ていないと思われ
単位を心配される暗い青春・・・


まあ練習方法が悪かったと言うことに尽きますね。
8時間練習したから、と満足してしまっていました。
その経験はレッスンでやってはいけない事として生徒さんに伝えられているので、
無駄にはなっていないです。


今は逆に編曲や資料作りやレッスンで、確保できる練習時間は減りましたが、
集中して練習しているのと、一つ一つの練習の意味を真剣に考えているので
練習時間は昔の1/3程度ですが効率的に練習できています。


今年は発表会の選曲やその曲の練習開始時期を4月に設定し、
半年かけてこの数種類の基礎練習をミックスしつつ仕上げていきます。

既に弾く曲が決まっている方々もいて内容は、
プレリュード1番/ヴィラ・ロボス
序奏とロンド/D.アグアド
魔笛の主題による序奏と変奏/F.ソル
水とワイン/ジスモンチ
ファンタジーホ短調/ヴァイス
アルハンブラの思い出/F.タレガ
カナリオス/サンス

他にも都合が合えば出たいと言うことで、
カヴァティーナやバッハのチェロ組曲の中から選んで弾きたいと言う方もいます。

コンサートみたい・・・
このために演奏のお話も断りましたし、
生徒の皆様が満足のいく演奏が出来るように集中して頑張ります。

演奏時間が長く、難易度の高い曲は毎回ビデオカメラで右手左手を撮影させてもらい、
家でチェックして次のレッスンまでに注意点をまとめるといった新しいことも始めたので、
多分いけるでしょう。


10月8日の発表会が楽しみです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミックス クラシックギター講師市川亮平のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる