クラシックギター講師市川亮平のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年発表会ありがとうございました

<<   作成日時 : 2018/01/18 10:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

だいぶ遅れてしまいましたが昨年、2017年10月28日に行われた発表会の様子を少しご紹介します。
なお、こちらでご紹介する写真・動画は、全てご本人やご家族のご了承を頂きました。
服装や演奏の流れ、演奏について、毎年初参加の皆さんからとても参考になるとお言葉を賜っております。
ご協力誠にありがとうございます。

午前中はリハーサルです。
私は9時過ぎに入場し楽屋や舞台、カメラやマイクのセッティングをします。
演奏者の皆様は10時頃からリハーサル順にご来場となります。


楽屋は毎年、男性用・女性用・子供用の3部屋を小ホールのすぐ裏手に用意しております。
画像


楽屋には少しですがお茶とお菓子も用意しており、持ち込みの飲食も可能です。
舞台袖、舞台は飲食不可ですのでご了承下さい。
画像


リハーサルも本番とまったく同じようにライティングや反響板を設置し、通し練習して頂きます。
この時に写真撮影や録音マイクのセッティング、椅子や足台の高さのチェックを行います。
画像


写真はこの様に縦1枚、横1枚を後日、jpgデータと現像したものをお渡しします。
画像

画像


ご自分のリハーサル時間以外は、楽屋で練習したり食事を取って頂いたりほかの人の演奏を聞いたり自由に過ごして頂けます。
そして全てのリハーサルが終わり、開場・開演となります。

以下に演奏写真・動画をご紹介しますが、順番は演奏順とは異なり
子供の生徒さん、大人の生徒さんの順にしたいと思います。

少し音量が小さいかもしれません。
申し訳ありません。

・No.1:世界に一つだけの花/槇原敬之  小学3年生

この子は特別にクラシックギターではなくポップス系のアコースティックギター、将来的にはエレキギターを弾く事を予定してのレッスンをしています。
ただ、これはお母様の望みでもあり、私がレッスンさせて頂く条件でもあったのですが、音符で曲を勉強してもらっています。

コードも音符で勉強し
画像


イントロやソロ、アウトロも音符で弾いてもらっています。
これは音符の勉強とテクニックの勉強用に私が勝手に付け加えました。
画像

画像


今回はストロークのアクセント、チョーキング、チョークダウン、スライドをソロに加えたり、場面転換でアイコンタクトを交えること、ハイポジションでの演奏を身につけることを目指し、見事に演奏してくれたと思います。
後半3:36あたりで1箇所、私が足を引っ張ってしまって申し訳なかったです。

今はペンタトニックのフレーズの引き出しを増やし、それを別の調でも弾けるようにする練習をしつつ、奥田民生さんのイージューライダーを練習しています。
画像



・No.2:きらきら星/フランス民謡 、荒野の果てに/聖歌・賛美歌  幼稚園年中 レッスン暦10ヶ月

この子はレッスン開始時幼稚園年少で、発表会当時まだレッスン開始から10ヶ月でしたが
物怖じせずに頑張って演奏してくれました。
その可愛いキャラクターで会場の皆様の気持ちを和やかにしてくれました。

私が今までレッスンを担当した中で最年少でしたが、ご家族のご協力となによりご本人の努力で、
立派な演奏が出来たと思います。

楽譜と練習動画・音源はこちらです。
きらきら星楽譜
きらきら星動画
きらきら星音源

荒野の果てに楽譜
荒野の果てに1ページ目説明動画
荒野の果てに2ページ目説明動画
荒野の果てに演奏動画

きらきら星は演奏用というより、2箇所以上の場所を押さえる和音の準備のために楽譜を作りましたが
そのかいあって今はこういった和音の問題も5秒くらいで押さえられるようになりました。
5ポジションの音も5弦から1弦までは覚えてきて、大好きな映画「千と千尋の神隠し」の「いつも何度でも」をソロで練習しています。


・No.7:小さなロマンス/L.ワルカー  小学3年生

この子は小学1年生になる直前に体験レッスンをし、ギターを始めました。
コンクールなどは視野に入れず、マイペースに月に2回のレッスンで
2年10ヶ月でここまで弾けるようになったのは素晴らしいと思います。
ラグリマなどで行っている技術、表現の練習にも入ることが出来ました。

演奏直前にしゃっくりが出てしまったりで、急遽演奏順をずらしたのですが
治らずしゃっくりのまま弾くことになってしまいました。
それでもミスらしいミスもなくきちんと弾けていて、よく集中できていると感じました。

終わったらしゃっくりも治って、あれは不思議だったなあ。
急遽順番をご変更下さった方、ありがとうございました。


電車が好きで去年から電車の駅発着音を練習していましたが、好きな曲7曲も無事弾けるようになり
今はポンセの「古風な組曲」ニ長調のガボットを練習しています。

NHK、Eテレの日めくりアニメで、金曜日だけこのガボットTが使われているらしいです。
楽譜は作ったので、生徒さんで欲しい方はお知らせ下さい。

難しい曲なので、弾けるかは様子を見て慎重に進めたいと思いますが
今のところ順調でこの先も可能だと思います。


No.5:ワルツ第3番/A.バリオス・マンゴレ

この曲はかなり難易度が高いですが、この方はもう5回目の参加のせいもあり、落ち着いて弾けていました。
曲を練っていく際、この曲のどんなところを聞いてくれる人に伝えたいか意見を伺い
「聞いてくれる人にこの曲のメロディーの美しさを理解してもらえるように弾きたい」という考えを実現できるように目指しました。

それまでは、お持ちのCDに収録されている演奏のように、速めのテンポでの演奏になりメロディーの流れが崩れることがありました。
目指すことが明確になると、メロディーを丁寧に紡ぎだし、聞いている側にこの曲の美しさが伝わる演奏が出来るようになったと思います。

曲を自分がどう弾きたいかを考えること、曲の何を聞く人に伝えたいかを考えることは難しい事ですが
とても大事なことだと再確認しました。

この方はこの曲を弾いた時71歳です。
毎年難しい曲に挑戦し、実現していくそのバイタリティをとても尊敬しています。
今はアルハンブラに挑戦していますが、今回培った丁寧に仕上げていく練習がとても役に立つと思います。

No.6:カンタータ第147番より「主よ、人の望みの喜びよ」/J.S.バッハ

この方はクラシックギターを始めて2年10ヶ月くらいですが、エレキギターを以前にやっていたせいもあってか吸収が早く、表現の部分まで追及して演奏を練り上げていく段階に来ています。

この楽譜は3年ほど前に作ったのですが、見てわかる通り色々表現記号が書いてあります。
バッハでこういう大げさな表現はあまり好かれないかもしれませんし、この楽譜を作った自分は間違っているのかもしれません。

この楽譜を作った当時、生徒さんに演奏表現をどう学んでもらえば良いか模索していました。
それとは別に当時、パーティーで演奏したり、人が集まるところに行くと1-2曲演奏のリクエストがあったり
そういう場所での演奏曲の選曲を工夫している時期でした。

そういう場所では誰もがどこかで聞いたことのある名曲が喜ばれたりするので、
生徒さんのレパートリーにもそういう曲があったら喜んでもらえるかなと思い、せっかく練習するのだから表現も学べるような楽譜を作ろうとそんな経緯でこの楽譜を作りました。

そういう私の考えや楽譜の出来た経緯まで含めレッスンでお伝えし、
この曲を舞台で弾くために仕上げていきました。

曲の魅力を伝えるために各声部の弾き分けやつながり、テンポ等を考え、それを舞台で弾けていたと思います。
今はチコチコノフバーという曲をこの動画のアレンジで弾いていますが、仕上がりがとても楽しみです。


ここでご紹介していない皆様もしっかりと練習の成果が出せていて聞いていて嬉しかったです。


後日、記念品と共に演奏動画と写真、そしてご協賛下さったクラシックギター専門店のメディアカーム様ご提供のギタークロスをお渡ししました。
今年は記念品はアームカバーにしました。
画像

アームカバーは右手の奏法に関わるので今回選んでみました。
暖かくなるまで使わないんですけどね・・・

毎年クリスマスプレゼントを子供さんにお送りしていますが、そちらでも今回発表会に参加できなかった子にはアームカバーをお贈りしました。
画像


子供用のアームカバーは昔は見つけられませんでしたが、ご協賛下さったメディアカーム様はオリジナル商品として様々なアームカバーを販売していて、
その中にジュニアサイズのものがあったので、これ幸いとそちらをお贈りしました。

ここ数年のテーマである演奏表現とその実現のための技術の向上が、今回参加の多くの方の演奏で見られて嬉しく思います。

毎年、練習では安定しているのに舞台ではミスしてしまうという事に対する練習法を考えているのですが、
今回でほぼその対策が完成したと思います。


なかなか会場が取れず今年の予定はまだ決まっていませんが、毎日キャンセルがないかチェックしていますので
予定が決まりましたら改めてお知らせします。

今回は私にとっても例年よりさらに実り多い舞台となり感謝しております。
皆様ありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年発表会ありがとうございました クラシックギター講師市川亮平のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる