リトルカブで北海道星撮りキャンプツーリング3

まとめhttp://ichikawa-cgt.at.webry.info/201301/article_3.html

8月20日能取岬~屈斜路湖(900牧場)
昨夜は3時頃寝たのだが唇を蚊に刺されて朝五時頃起きる
痒いというか痛かったので蚊じゃないかも

画像


この日は摩周湖の側の雄摩周岳に登り星を撮るという計画だったと思う
画像


朝気付いたが能取岬は牧場の側だった
牧場の側は特に虫が多いので注意
画像


実は2日お風呂に入ってなかったので川湯温泉で入浴と洗濯
まずは足湯
画像


ここは自然が多くかなり良い雰囲気の温泉街
画像


リトルカブ
普通は後輪が浮くんですけどね・・・
画像


公営のお風呂に入りさっぱりして摩周湖へ
摩周湖は霧の摩周湖と呼ばれておりこの日も霧であまり景色は良くなかった
画像


鹿肉のステーキ
野趣あふれる味って言うのはこの事か
うに丼に継ぎ2番目に美味しかった
ここのお店のご主人は猟師と知り合いらしく色々熊に対する対処法をや経験談を教えてくれた
一番有効なのは熊がでても無視する事らしい
ある猟師は熊が出ても1時間程目を合わせず魚を釣って逃れたとか
逆に目を合わせると5時間程ずっとそのままの状態で熊が興味を無くすのを待たなければいけないとか
画像


ヨーグルトも美味しかった
画像


初日に苫小牧のおまわりさんに教えて頂いた屈斜路湖の和琴半島のキャンプ場に到着
生憎の曇りだったので落胆して売店でコーヒー飲んでいたら管理人さんらしき人が居て少し話す。
この辺だと近くの900牧場というところが近くにあってそこなら星が綺麗との事を聞きそこに向かう事にする
画像


900牧場は360度パノラマだけどやはり曇り
東西南北の景色
画像

画像

画像

画像


もしかしたら晴れるかもと思いここで宿泊しようと考え、管理人さんに許可を貰えないか交渉する。
ご許可を頂けたので宿泊。
駐車場で何日か前に蟹丼を食べたお店にいたツアー団体の皆さんとお会いする。
運転手さんが星、特にオリオン座を撮るのが好きでキタムラで作ったフォトブックで美瑛で撮ったオリオン座を見せてもらう。
美瑛でギャラリーを開いている写真家の方も紹介いただいたんだけど結局行く余裕がなかった。
画像


この夜3時頃テントの周りをがさがさ動く動物が来た
テントを押して来たりして怖かった
1時間位周りをうろついていて警察に電話しようと考えたけど、
防犯ブザーを鳴らして爆竹に火をつけて外に投げたらどこかに行ったみたい

そうそうテントの中はこんな感じ
2-3人用なので結構広い
画像


8月21日
この日は屈斜路湖そばの和琴半島のキャンプ場で泊まる事にする
画像

多くのバイカーが宿泊していた
入場の時に砂利道でこけて恥ずかしかった・・・
今までほぼずっと一人で過ごしたので人との交流はなかなか楽しかった。
画像


屈斜路湖はとても澄んでいた
画像


テントの張り方が良くわからなかったので適当に張ってたが、
キャンパーの人に色々を教わる
ありがとうございます
画像


のんびり漫画を読む人、これから別の場所に向かう人等様々な人がいた
ここをベースにして1週間くらい宿泊し、今日はここ、明日は反対に向かうという人もいた
そういう人たちは自然と仲良くなって一緒にお酒やご飯を持ち合って夜は宴会をしていて楽しそうだった
この写真もご許可を頂いて撮っております
画像

画像


屈斜路湖はトレッキングやカヌー、天然温泉も楽しめてのんびりできる
画像


近くにあったラーメン屋
美味しかった
画像


この日は神の子池と言う青い池にいく
屈斜路湖から原付だと2時間位、車やバイクだと1時間位でいけるかな?
湖面の光をの反射を無くすPLフィルターを持ってくれば良かった
画像


魚がいた!
画像


池から流れる清流
画像

画像


白樺の林とまっすぐな道
画像



画像


キャンプ場への帰りにスーパーに寄ったら郵政カブでツーリングしている人が居た。
本当はこのカブが欲しかったので色々お話しさせて貰った
これも撮影、掲載の許可を頂きましたカッコいい
画像


夕方
晴れていた
今夜が楽しみ
この夜がクライマックス
画像


その1 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201210/article_11.html
その2 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201210/article_12.html
その3 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201210/article_17.html
その4 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201301/article_2.html