富士山星撮りキャンプ?ツーリング

1月と2月に富士山と星空が撮りたくてリトルカブでそれぞれ1泊2日の星撮りツーリングに行ってきました。
埼玉からはなかなか遠いですが富士山は近くで見た事が無かったのでワクワクしてました。

初心者用の星の撮り方はこちらで説明しています。
http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201303/article_1.html

写真はクリックすると大きくなります。


1月の撮影
12時頃出発。
前日にD800Eが届きましたが手持ちのレンズで広角はDX用のトキナー116とシグマ10mm魚眼レンズのみ。
更にD800E用のレリーズが無いという状況で、準備不足でした。
一応トキナー116は16㎜側だとフルサイズ機でも使用可能という事をネットで読み、それメインで撮ろうかと考えていました。


荷物はこれと赤道儀のビクセンガイドパックs
服装はモンベルのメリノウールの下着にインナー2枚重ね、セーター、登山用のフリース、ダウンジャケット、厚手のコーデュロイのパンツ、ゴアテックス上下、厚手のネックウォーマーと帽子と目だし帽、登山用手袋、登山用の中厚の靴下、登山用のシューズです。
画像


例のごとくリトルカブで行きます。
画像


ルートは最初奥多摩方面から行ったのでかなり時間がかかりました。
途中の峠で休憩中、富士山付近の夜景と星空を撮っている方と話してFACEBOOKの友達になったり、情報を頂いたりして更に進もうとした矢先!!!
なんと携帯を落として壊してしまいました。
画像


ナビとして使っていたので現地到達より先にドコモショップを探すことに。
幸い河口湖の手前の街でなんとかドコモショップをみつけ修理にだすことができ、代替機もお借りできたのでまた富士山を目指します。
この時すでに8時くらいで暗かったなあ。

9時頃河口湖に到着。
河口湖周辺は結構ホテルや建物の明かりが多く撮影は難しいと判断しました。
検索すると富士五湖のうち精進湖と本栖湖は標高が900mくらいで明かりも少なそうなので、少しは星が見えるかなあとそちらへ行くことにしました。
富士五湖の位置関係はこちらをどうぞ。

途中街灯もなく真っ暗な道を進むと青木が原樹海の文字が!
怖かった・・・


そして精進湖に到着。

一応星撮りの人が居るかもしれないので、バイクのライトで撮影の邪魔にならないよう、湖畔ではなく道路沿いの駐車場に停めました。

ここはフリーのキャンプ場があるのか少しキャンパーがいました。
そして湖畔手前まで車が入れるので何台か車が停まってました。
画像


車で来た方達は星撮りの人と、あとで知ったのですが朝日を撮るために前日夜から場所取りできている方だったみたいです。

そしてカメラを出して撮影開始。
最初暗くて富士山がどこにあるかわからずちょっと迷いました。
やはりトキナー116は16mm側でも少しケラレる(レンズやフィルターの枠が画像内に写りこむこと)みたいです。
DXクロップで撮れば良かったんですが、買ったばかりで説明書もきちんと読んでいなくてやり方がわからなかったんですよね。
カメラ:Nikon D800E
レンズ:トキナー116 16㎜側
フィルター:無し
赤道儀:ビクセンガイドパックs
シャッタースピード:30秒
ISO:5000
F値:2.8
ホワイトバランス:オート
方角: 南東
日時:01/13 00:07
場所:精進湖湖畔
画像

湖面が凍って富士山が写っていい構図だったんだけど水平取れてないしほんと残念な写真です。


カメラ:Nikon D7000
レンズ:シグマ10㎜魚眼
フィルター:LEEソフトフィルターNo.1
赤道儀:無し
シャッタースピード:30秒
ISO:2500
F値:2.8
ホワイトバランス:オート
方角: 南東
日時:01/13 00:07
場所:精進湖湖畔
画像


この後も3時くらいまで色々撮ってたのですがパッとしたのはなく、
おまけにレンズに霜が降りてきてぼやけて断念しました。

ちなみにD800EでDx用のシグマ10㎜魚眼レンズをFxの設定で使うとこうなります。
シグマ10㎜魚眼はDx用の魚眼レンズとして非常に性能が良く、星撮りの方の中には神レンズと評する人もいるそうです。
中にはレンズフードを糸鋸などで切り取ってフルサイズで使う人もいるとか。
画像



そんなこんなで準備不足に少しがっかりしながらその場で寝ることに。
テントは張る力も残ってなかったので登山用の厚手の銀マットと‐37度まで耐えられるという寝袋でねました。
気温は‐10度はいってないはずですがやっぱり寒かったです。

二時間ほどして湖畔に続々と車が入ってくる音で目が覚めました。
なんだなんだと寝ぼけていると自分を挟んで4-50台の車が横一列にずらーっと並びその前でみんなカメラを構えてました。
これはもうだいぶ人が減ってますが後で撮ったその時の様子。
画像


周りで自分を見ながら笑っている方に聞くとここは朝日を撮るスポットとして結構有名だとか。
そんな中寝られるはずもないので自分も一緒に朝日を撮ることにしました。
思えば近くで富士山をちゃんと生で見たのはこれが初めて。
富士山の上にある影は鳥かと思ったらイメージセンサーに付いたゴミみたいでした。
画像


まあ朝日も撮れたし富士山はやっぱり綺麗だし良かったなあと一人納得しつつ駐車場でコーヒーをいれて飲み、この日は帰りました。
画像

帰りは甲州街道を通ったのですがこれは道に迷わず割と楽に帰れました。
それでも7時間位かかりましたが。

かかった旅費ですがガソリン代が約1,000円、缶コーヒー代120円、お昼に食べたラーメン代700円、スマホの修理代5,000円の計6,820円でした。
スマホの修理代が無ければなあ・・・


2月の撮影
富士山到着まではスマホの携帯で撮影。
服装は1月と同じです。
今回は新たにフルサイズ用のシグマ15㎜魚眼レンズ、レリーズ、霜・夜露対策のハクキンカイロジャンボ、携帯性の高い赤道儀のポラリエ、バッテリー8個を購入し準備万端です。
目的地は千円札の裏面でもおなじみの本栖湖です。
お札の写真を載せるのは気がひけるのでwikipediaの千円札の画像をご覧ください。

今回も12時に出発。
赤道儀をポラリエにしたので前より少し荷物が減りました。
画像


相模湖で休憩
画像


写真が無いですが途中でサッポロ一番味噌ラーメンと100円の小型懐中電灯を買い7時頃富士吉田市に到着。
かなり寒くなってきたのでローソンで辛辛魚という辛いカップラーメンを食べました。
画像


実は途中で富士山1合目駐車場までいけないかと思い目的地を富士スバルラインに変更しました。
冬季は17時までですし、二輪車は凍結などで転倒の恐れがあるため通れないのですが、徒歩ならいけないかと思い、20時頃覗いてみました。
残念ながら徒歩でも通れないよう柵がしてあり、やむを得ず本栖湖に再び向かいました。

あまりに星が近かったので途中で撮った星空。
カメラ:Nikon D800E
レンズ:シグマ15㎜魚眼レンズ
フィルター:LEEソフトフィルターNo.1
赤道儀:無し
シャッタースピード:30秒
ISO:3200
F値:3.2
ホワイトバランス:オート
方角: 不明
日時:02/10 20:08
場所:青木が原樹海付近
編集:ステライメージ6によるダーク減算、RGB編集、ノシズ低減、シャープ他
画像


そして撮影地を求めウロウロしながら1時間半ほど移動し、
ようやく本栖湖のとあるキャンプ場の上で良さそうな場所を発見。

こちらにも前回同様、朝日を撮るために来ているであろう方々の車が既に5台ほどありました。

実はここに来る前に標高の高い場所にある山中湖も行ってみたのですが結構明かりが多かったので断念していました。
前回に比べ人も少なく、星を撮っている人もいないし、
精進湖よりも周りの明かりが少ないので「ここは良いなあ」とわくわくしていました。

まだ9時半頃で下から聞こえる、楽しげにBBQをしている男女の声を聞きながらカメラを設置。
前回はD7000 も持って行きましたが今回はD800Eのみ。

まず一枚目
富士山左手にある明かりが気になりますが新しく買った魚眼レンズも良い感じです。
これはテストなので設定は良いかな。
ちなみに富士山左手の明かりは23時過ぎに消えました。
画像


実はこの2日前の夜、次の日市議会議員の久保先生の催すイベントで演奏するにも関わらず、
隅田川でコンポジット撮影をするイベントに参加しまして、初めてコンポジット撮影をしてきました。

隅田川は観光船が多く通り、
合成するとその光で大変なことになってしまいましたが、こちらがその時の写真です。

シリウスコンプと言うフリーソフトを使って編集したらあっという間にできました。

画像


こちらはそれを繋げて作った動画です。
こちらの方が面白いかも知れません。



まあそんなこともあってコンポジット撮影がしてみたくて今回もやってみました。
これは三脚にカメラをセットしてピントやISO,F値を合せたら、
あとはD800Eの機能の一つであるインターバル撮影でss20秒、撮影間隔を+1秒の21秒にして放置します。
こちらで説明していますので詳しく知りたい方はご覧ください。

そしてできたのがこちら
まだ設定が手探りで少し星が多過ぎました。
SDカードの容量節約もしたいしSSを30秒にしてISOを100-200に下げると本栖湖あたりだと良いかもなあ。
カメラ:Nikon D800E
レンズ:トキナー116 16側
フィルター:無し
赤道儀:無し
シャッタースピード:20秒
ISO:800
F値:4
ホワイトバランス:オート
方角: 南東
日時:02/10 23:12~ 2/11 01:53
場所:本栖湖
編集:WBを電球にしてシリウスコンプで約400枚合成後トリミング
画像


撮影している間はやる事が無かったのでテントを張っておでん缶を食べたりコーヒーを飲んだりしていました。
画像


そして撮影したまま軽く寝ようかなあと30分位寝袋に入っていたらなぜか突然お腹が痛くなりトイレへ。
夜のトイレは怖いですねー。

そういえば富士スバルライン入口のトイレは暖房効いてて良かったなあ。


そんなアクシデントもあり、目がさえてしまい星撮りの方と話したりしていたらバッテリーが切れてインターバル撮影が終わりました。

バッテリーを変えて再び撮影。
といっても最初と同じような写真しか取れなかったので新しい構図を探してちょっと歩いてみました。

これはもう少し見上げる感じで魚眼レンズらしさがあればなあと思いますが、
北斗七星がちょうど木の上にあり好きな写真です。
画像

カメラ:Nikon D800E
レンズ:シグマ15㎜
フィルター:LEEソフトフィルターNo.1
赤道儀:無し
シャッタースピード:20秒
ISO:3200
F値:3.2
ホワイトバランス:オート
方角: 天頂近く
日時:2/11 03:50
場所:本栖湖
編集:フォトショップでRGB編集

そしてせっかくなのでリトルカブと星空を撮ったり
画像


テントを撮ったり
画像


流れ星が撮れて驚いたりしてました
画像


そして撮るものもなくなったので寝ようかとも思ったのですが、ツイッタ―で星撮りの友人が4時ごろから天の川が撮れたといっていたのを思い出しもう少し頑張ってみることに。

しばらくすると本当に富士山頂付近から天の川が。
何枚か撮っていたら自分の中では結構凄いのが撮れました。
富士山と天の川と流れ星です。
カメラ:Nikon D800E
レンズ:シグマ15㎜
フィルター:LEEソフトフィルターNo.1
赤道儀:無し
シャッタースピード:30秒
ISO:1600
F値:3.2
ホワイトバランス:オート
方角: 天頂近く
日時:2/11 05:14
場所:本栖湖
編集:フォトショップCS6で同写真を2枚、1枚は輪郭強調をして天の川を濃くし合成の後、ステライメージ6でノイズ除去やRGB調整、周辺減光補正他
画像


そして朝日を撮り
画像


サッポロ一番味噌と家から持ってきたバナナを食べて帰りました。
画像


今回は埼玉からガソリン代1000円、食料700円、懐中電灯100円と計1800円のリーズナブルな撮影旅行になりました。

ポラリエは結局使わなかったなあ・・・