埼玉スーパーアリーナと星の写真

5月26日 日曜日に演奏する予定のソロ曲グリーンスリーブス変奏曲の編曲が三分の一程終わりました。
著作権が自分にあるし、完成したら星の動画を作ってそれにこれを乗せたいな、と星空を思い浮かべながら書いてます。
26日もプラネタリウムを投影しながらの演奏になりますしね。
画像


1月から4月までは毎月新月に富士山に星を撮りに行けたのですが、
5月6月は多分時間がないと思うので身近な場所で星を撮れないか試してみました。

普通に撮っても少ししか星が撮れないので、撮影方法は固定で何百枚とカメラに備わっているインターバル撮影で撮影し、それをシリウスコンプと言うフリーソフトで合成するやり方です。

撮り方はこちらをご覧ください。
http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201303/article_1.html

富士山あたりで撮ると星が多すぎてこんな感じになっています。
星を少なくしようとすると富士山が暗くなってしまい、イメージとはなれてしまうので困っています。
画像


逆に街中だと見える(撮れる)星が少ないため、ちょうどいいくらいの星の数になってくれます。
こちらはさいたまスーパーアリーナの写真。
午前1時11分から1時55分まで撮影した約100枚の写真を合成しています。
設定
カメラ:Nikon D800E
レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (15㎜で撮影)
ISO:100
シャッタースピード:25秒(インターバル撮影は26秒ごと)
F値:4.5秒
ホワイトバランス:電球
方角:北向き
現像:ニコン純正ソフトで現像、シリウスコンプで合成後コントラストを強めに編集
画像


本当はもっと長い時間撮れれば星が円形になるんですが、今回は雲が出たのでしょうがないですね。
1枚1枚はこの様に写り、これを合成すると上の写真になります。
クリックして拡大しないと星がほとんど見えませんね。
画像


近くで撮ったのもあったのですが、周りの街灯が入らない距離で撮ると、
こんな感じで近すぎて構図としてはイマイチでした。
魚眼レンズがあればまた変わったかもしれません。
画像


それからさいたまスーパーアリーナでのこの様な撮影は、必ず警備員さんに一声かけておくのが良いかと思います。
私も警備の方を見かけた際挨拶をして撮影しても良いか伺ったところ、商業用の撮影でなければ、という事で撮影できました。

あとはスーパーアリーナはこの夜は0時45分頃青い電灯が点きました。
毎日同じ時間にこの青いライトが付くのかはわかりませんが、
こうなると近くから広角での撮影はなかなか難しくなるかもしれません。
画像


この辺りが街中での星の撮影の難しい所ですね。