富士山星撮りキャンプ?ツーリング3月、4月その1

1月、2月はこちら
http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201302/article_10.html
タイトルに?が付いているのはほとんど寝てないのと、テントを張っていないからです。
事実はどうかわかりませんが、以前に4合目で色々教えてくれた管理局の方?が富士山はテントを張るのは禁止だと言っていました。


カメラを始めて1年と半年、星を撮り始めて1年と4ヶ月、ずっとこちらの方の撮った写真に憧れていました。
http://photohito.com/photo/935684/

今回はこういう写真を目指して富士山5合目まで登ってきました。
3月は道中の写真はないため、4月に撮った富士山の馬返しから5合目佐藤小屋までの道のりと星の写真をまとめて書いていきます。

3月は間に合いませんでしたが4月はニコンAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを買い、ソフトフィルターを付けて持って行きました。
・ソフトフィルターの付け方 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201304/article_8.html

また、何かあった時にスマートフォンのバッテリーが無いという事態は避けたいためGoalzero社の携帯型ソーラーパネルを購入しました。
http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201304/article_9.html

富士山はまだ雪が残っているため12爪のアイゼン、ピッケル、ポール等も買いました。
持ち物約25キロ
画像


機材
ニコン D800E
シグマ15㎜魚眼レンズ
トキナー116 (3月のみ)
NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (4月のみ)
ビクセンポータブル赤道儀 ポラリエ+専用三脚

トキナー116はデラックス用ですが16mm側だとこんな感じでフードも写らないので、フルサイズの広角レンズが買えない時期は使っていました。
画像


今回は一応登山をするので夜中3時にさいたま市の家を出て、9時には富士山に着いていました。
道が空いていて疲れも少なく良い滑り出しです。
画像


時間が余りそうだったため、10時開店の富士急ハイランド近くの泉水という日帰り入浴できる温泉で体を休めてから行くことにしました。
100円のネットクーポンを使って700円でした。
この写真の左側です。
画像


まず中の茶屋というところに行きます。
画像


馬返しからまだかなり遠いです。
画像



ここで車やバイクで先に行ってよいか迷う方もいると思いますが、春から秋くらいまでは大丈夫みたいです。
関係者っぽい方に聞いたら馬返しまでは行っても良いとの事です。
冬はわかりません。
自己責任でお願いします。
道はかなり粗いです。
画像


中の茶屋からこんな感じの道を時速20キロほどで15分位進むと馬返しに着きます。
徒歩だと1時間以上かかるでしょうか。
画像


11時頃馬返しに着きましたがご覧の通り、何台か車がありました。
画像


馬返しの由来
画像

画像


11:51 準備をして出発。
画像


最初はゆるやか
画像


12:00 1合目到着
画像


既に疲れていたのでおにぎりを食べる。
少し元気になった。
画像


道はこんな感じだったり
画像


こんなだったり色々。
ザックを背負っていたため三脚とカメラバッグをたすき掛けしていたんですが、足を上げる時にカメラバッグも持ち上げなければならずそれがかなり背中と腰に負担になりました。
画像


12:56 2合目到着
まだまだ先は長い
画像


13:00 2合目出発
画像


3合目の写真は撮り忘れた様です。
13:20に 3合目到着
途中、テレビカメラを抱えたプロのカメラマンぽい方やや50代くらいのご夫婦に会いました。
4合目から5合目まではアイゼンを付けなくても大丈夫だけど凍っているようです。

13:33 3合目出発
この辺りから道に雪が見えてきました。
画像


つらら
画像


14:05 四合目到着 
ここからアイスバーンを歩くので注意が必要だった。
体力がなくなってきたのでおにぎりを食べる。
水は500ml飲んで次のペットボトルへ。
残り1500ml
画像


画像


画像


14:20 出発 
残念だったのはおにぎりがシーチキンを買ったと思ったら昆布だったこと。
めげずに登る・
五合目までは45分と長い。 
画像


倒木
避けるために脇に回ったら滑ってヒヤッとした。
画像


14:47 5合目到着 
45分かかると思ったら27分で着きました。
途中滑って四つん這いで進んだりしました。
14:53に山荘佐藤小屋にむかいます。
画像


この辺りからかなりアイスバーンが多くなりました。
アイゼンを付けようかとも思いましたが道の富士山とは反対側(外側)は氷がぎりぎりなかったので
そこをソロソロと進みます。
画像


15:28 佐藤小屋が思ったより遠くて不安になる。
森林限界を過ぎた気もするが未だ木々が多く富士山が見えないのも不安の要因。
佐藤小屋に行っても富士山頂が見えなかったらどうしよう。
画像


看板が合って一安心。
画像

画像


16:14 佐藤小屋に到着。
後で知ったけどこのすぐ上が6合目だった。
佐藤小屋は5合目と言うより6合目に近いらしい。
正直この時点でもうくたくたでした。
画像


佐藤小屋に泊まりたい方は必ず予約の電話を入れたほうが良いです。
http://satogoya.web.fc2.com/


鳥がすぐそばまで寄ってきた。
可愛い鼠とかもいたなあ。
画像


ここでレンズにソフトフィルターを付けたのですが、風が強いのもあってカメラのイメージセンサにゴミが付いてしまいました。
一応レンズを外したら素早く下に向けておいたんですがダメでした。
富士山は風が強いうえ、その砂は固くてイメージセンサーを傷つける事もあるらしいので極力レンズ交換はしないほうが良いかと思います。
画面中央右側にゴミが付いています。
画像


北海道でも活躍したペンタックスのイメージセンサークリーニングキットでなんとか掃除して撮影準備完了。
着込んで貼るホッカイロを5か所に、2重にした靴下と手袋の1枚目にもくつ用の貼るホッカイロをはりました。
モンベル等の登山用の中厚の靴下は暖かいのですが、
貼るホッカイロの熱も通さないので、薄手の靴下に靴用の貼るホッカイロを貼り、
更に厚めの靴下をはくというのが良いと思います。

本番は天の川の出る明け方なのでちょっと寝ようとしましたが、
風が強くて眠れず1時間半くらいずっと横になっていました。
ちなみに夏だと午後9時や10時位、3月4月は午前2時か3時過ぎに天の川が出始めると思います。
画像


文字数制限があるので続きはこちらに書きます。
http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201304/article_21.html