2013年8月乗鞍高原星撮り旅行その4

その3 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201401/article_6.html

複数の記事にするので、ここにまとめてURLを貼ります。 http://ichikawa-cgt.at.webry.info/201310/article_5.html
なにぶん、旅行をしてから5か月経っていますので、
記憶違いなどもあるかもしれませんが、ご了承ください。
写真は全てクリックすると拡大されます。※星景写真以外はそんなに大きいサイズではありません。

大正池から再び畳平へ戻ってきました。
時間は16:30頃。夏なのでまだまだ明るいです。
天気も快晴で期待できます。
画像



前回は富士見岳しか下見しませんでしたが、今回はもっとたくさんの構図の写真を撮りたくて色々下調べしました。
適当に撮ったので傾き等は気にしないでください。
乗鞍観光センターの裏の遊歩道。
画像


これは魔王岳。
ごつごつした地面の感じが出したくて撮ってみました。
画像



魔王岳はこの日熊が目撃されたという事で怖かったです。
でも小学生未満の家族連れもいて、畳平から登るのはさほど難しくもなさそうです。
画像



鶴ヶ池
画像



富士見岳から
そろそろ日も落ちてきました。
画像


お月様
星を撮るには新月がベストなのですが、これくらいの月なら夜10-11時位には沈むので大丈夫だと思います。
画像



この日はペルセウス座流星群の極大日ということで、それを見るためのツアー客の方々がいらっしゃっていました。
こんな感じで星座表の見られる車があってびっくり。
画像


驚きつつ,人の居るうちにこの日熊がでたらしい魔王岳へ。
臆病なので畳平から5-6分登った場所で撮影する事にしました。

左下の雲が光っていますがこれは光害ではなく、雷です。
あとどれくらいでこちらに来るか、かなり焦りました。
カメラ:Nikon D800E
レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 14㎜側
フィルター:LEE カメラ用角型ポリエステルフィルター ソフト No.1 SP-31 100X100mm
赤道儀:なし
シャッタースピード:25秒
ISO:2000
F値:3.5
ホワイトバランス:AUTO(RAWで撮影し後に色温度を編集)
方角: 南
日時:8/12 20:25
場所:乗鞍畳平 魔王岳
編集:フォトショップCS6
画像



ちょうど天の川の方向に月と観光センターの光が有り、あまり星が良く写るような設定にできなかったので遊んでいました。
右側の光芒は三日月の光です。
丸くなるんだなあ。
光に怒り遮ろうとする人。
カメラ:Nikon D800E
レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 14㎜側
フィルター:LEE カメラ用角型ポリエステルフィルター ソフト No.1 SP-31 100X100mm
赤道儀:なし
シャッタースピード:25秒
ISO:1600
F値:3.5
ホワイトバランス:AUTO(RAWで撮影し後に色温度を編集)
方角: 南
日時:8/12 20:38
場所:乗鞍畳平 魔王岳
編集:フォトショップCS6
画像



こんな状況なのでなんとか光が入らないように工夫しましたが叶わず、魔王岳を降りました。
奥に行けばいい撮影環境になったかもしれませんが、熊が怖くて・・・


そして観光センター裏の遊歩道へ。
まだ観光センターの明かりがついており、それが良い具合に高山植物達を照らしてくれています。
流星群観測ツアーが来ていたため遅くまで明かりが点いていたのか、普段からこうなのかわかりませんが、
23時くらいまで点いていた気がします。
画像

カメラ:Nikon D800E
レンズ::シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(ニコン用)
フィルター:LEE カメラ用角型ポリエステルフィルター ソフト No.1 SP-31 100X100mm
赤道儀:無し
シャッタースピード:20秒
ISO:2500
F値:3.5
ホワイトバランス:AUTO(RAWで撮影し後に色温度を編集)
方角: 南
日時:8/12 21:05
場所:乗鞍畳平 観光センター裏遊歩道
編集:フォトショップCS6



これは今回の目標であった風景写真としての星の写真というのに最適な条件だったため、
急いで赤道儀(ポラリエ)をとりに戻りました。




その途中、流星群観測ツアーの方に星の写真の撮り方を聞かれて説明したり、
ポラリエの動作確認のため駐車場で写真を撮ったりしていました。
皆さん寒そうでしたが、中には下に敷くシートやサバイバルシート持参で寝転がって、
満天の星空を楽しんでいる方もいました。
カメラ:Nikon D800E
レンズ::シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(ニコン用)
フィルター:LEE カメラ用角型ポリエステルフィルター ソフト No.1 SP-31 100X100mm
赤道儀:ポラリエ
シャッタースピード:30秒
ISO:2500
F値:3.5
ホワイトバランス:AUTO(RAWで撮影し後に色温度を編集)
方角: 南
日時:8/12 21:18
場所:乗鞍畳平 駐車場
編集:フォトショップCS6
画像



そして今回一番のお気に入りの写真が撮れました。
もう満足してしばらく星の写真も撮らなくて良いかなーと思ったり。
一眼レフカメラを始めて2年ほどでこんなに満足したことはありませんでした。
流れ星を濃くしようと少しいじりすぎた感があります。
そのうちもう少し自然な編集の写真にかえるかもしれません。
カメラ:Nikon D800E
レンズ::シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(ニコン用)
フィルター:LEE カメラ用角型ポリエステルフィルター ソフト No.1 SP-31 100X100mm
赤道儀:ポラリエ
シャッタースピード:30秒
ISO:2500
F値:3.5
ホワイトバランス:AUTO(RAWで撮影し後に色温度を編集)
方角: 南
日時:8/12 21:36
場所:乗鞍畳平 駐車場
編集:フォトショップCS6
流れ星が2つも!
画像



流れ星は狙って撮るわけではなくひたすら連射して撮るので、その後も構図を少しずつ変えつつひたすら撮っていました。
画像



後ろからの光で自分の姿もくっきり。
これで「そうか、暗い所でもランタン等の光源を使って撮れば、自分の姿も浮き出る星景写真が撮れるじゃん」と気付きました。
画像


このあと場所を変えて撮影しますが、それはまた次に。