クラシックギター講師市川亮平のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜と天の川とギター

<<   作成日時 : 2018/05/22 01:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月半ば新月に近い日、桜と天の川が撮れるかもしれないと長野の実家に行ってきました。
趣味の星景撮影もありますが、こんな感じで毎年発表会のフライヤーを自分で撮っているためそれも兼ねています。
画像


カメラを買って初期の頃、六義園のライトアップされた桜を撮りにいったとき星と桜を撮れたらなあ、と思い何度か挑戦しましたが、桜が咲いている時期は天気が悪かったり風が吹いていてぶれてしまったりで半ば諦めていました。

今回、仕事が休み・新月近く・天気がよいかも知れない・桜が咲いている・風がない、と奇跡的な状況が重なり念願叶いました。

最初は北竜湖という湖そばでキャンプをしようとキャンプ道具一式を持っていったのですが、長野に着いてから調べたら家の近くの小学校そばの土手の方が桜が咲いていたため急遽撮影場所を変更しました。
画像


別の時期に撮った北竜湖。
画像

画像


場所は飯山市という長野北部ですが、周囲を山に囲まれ、雲が出やすく案の定夜は雲が出てしまいました。
やきもきしながら0時過ぎまで待機していたら晴れてきたので出動。

念願の桜と天の川撮れました!
画像をクリックすると多少大きいものが見られます。
画像

実際はもっと桜は暗く写ります。
寒色系の懐中電灯ですーっと桜を照らしていくとこんな感じで写ります。
シャッタースピードは25秒ですが、照らす加減が難しく、時間がたらず一部暗くなることが多かったです。

フライヤー候補1
このパターンで何枚か撮りました。
このギターはバザーで1,000円で売っていて、ペグが壊れていたのですが撮影用にと昔購入しました。
もう何年も時には雪の中、立派にモデルギターとして頑張ってくれています。
画像

4月にこんなに濃い天の川が撮れるとは思わず驚きました。
人家の灯りがスポットライト風にならないかなーと工夫してみました。


菜の花も満開だったため菜の花とギターも撮りました。
画像


懐中電灯で照らさないとこんな感じです。
画像


ここの公園はGWに菜の花のお祭りをしていてそのシンボルのところでも撮影してみました。
画像


昼間はバスで団体が来ていたり中々の賑わいでした。
画像

画像


フライヤー候補2
印刷したときを考えると上かなあ
画像

画像



ギターないバージョンも何まいか。
画像

画像


ギターがないと撮影が楽で良いです。
冬なんか雪に足跡をつけずにギターの位置を微調整するためにこんな感じで移動して撮影して確認してを繰り返し、1枚撮るのに20分くらいかかってました。
寒いしほんと辛いのに何してるんだろ・・・といつも思っていながら、でもやめられませんでした。
画像


これで星の撮影は終わりです。
この年になるとあまりわくわくすることもなくなってきて悲しいですが、いつも星の撮影の時はアドレナリンが出て眠いのも忘れ撮影に没頭できて嬉しいです。
自分が撮りたくて、でもずっと撮れなかった写真が撮れて最高でした。

生徒さんの親御さんがプロの写真家で、自分の稚拙な写真をここに載せるのは恥ずかしいですが、こうして書いていると撮影当時の楽しい気持ちが蘇ってきて我慢できずアップしちゃいました。

何年もずっと発表会のフライヤーは星とギターで統一してきましたが、昼バージョンもどうだろうと今回撮影してきました。
場所は新潟南部のぶな林、「美人林」という場所です。
画像



ほかにも何枚か撮ったのですが、ブログの画像アップ容量規制に達したため、続きはまた今度。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

桜と天の川とギター クラシックギター講師市川亮平のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる