クラシックギター講師市川亮平のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みの宿題達成の記念品

<<   作成日時 : 2018/08/24 20:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

一部のご父兄からご要望があり、今年はお子様の生徒さん全員に夏休みの宿題を出しました。

夏休み明けのレッスンでテストをします。

せっかくの夏休みに頑張ってくれるので、ささやかですがテストに合格したら記念品を渡すことにしました。

クリスマスプレゼントや発表会の記念品はギターに因んだものですが、今回はそれぞれのお子さんの好みの品を揃えてみました。
ポケモンが好きな子はハンカチ、電車が好きな子は靴下や定規、猫が好きな子はコップと色々考えて選ぶのは楽しかったです。
画像



進捗を調べていない子もいますが、既に宿題が終わった子、まだ手を付けていない子、半々の様です。
せっかく用意したプレゼントですし全員に渡したいので、テストが目標の7割に満たない場合は、次のレッスン更にその次のレッスンと毎回テストを行い、基準を満たしたらお渡しすることにします。



今回とは状況が違いますが、結構前に空手を習っている子が昇段試験を受けて合格したらしく
嬉しそうに「ギターには試験や賞状はないのですか」と質問をくれました。

じゃあ試しにということで、質問をくれた子に昇級試験を作り合格したのでこのような賞状をお渡ししました。
画像



合格基準が結構厳しくて2度試験に落ちて悔しくて泣いてしまったりという出来事もあったので、悲しい思いをさせまいかと躊躇っていたのですが、本人もお母様も続けて欲しいと仰っていたので正式に実施を目指そうかと思います。

形だけになっては意味がないので
・等級ごとにしっかり課題と合格基準を決める
・試験料金を決める
ということが必要かと思い、どうすべきか考えています。
その子が受けた空手の昇段試験は空手協会がしっかり決めた基準で、権威付けもされているものですので試験料金は5,000円らしいですが、うちは私が独断で基準を決め認定するものなので、試験料金は500円でそれで何度も受けられるものにしようかと考えています。
500円は賞状を入れる額縁代に使おうかと思います。

とはいっても課題は手は抜きません。
せっかくなので厳しくいきます。
生徒さんが上手くなるチャンスは見逃しません。

ただ、発表会もそうですが希望しない方に無理強いはしませんので、ご興味があったらというスタンスで実施する予定です。

課題決めに時間がかかりそうですが、まずは賞状用の判子を作らねば。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

夏休みの宿題達成の記念品 クラシックギター講師市川亮平のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる