クラシックギター講師市川亮平のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 何かに似てると思ったら型抜き

<<   作成日時 : 2019/02/09 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新年のあいさつの時、今年の抱負を書き渋っていましたが自分のレッスン用に教本2冊を自費出版で出そうかと考えています。
と言っても自分のサイトで売るとかは考えておらず、レッスンを受ける方に無料配布か1冊につき原価である500円で販売するという感じになるかと。
資料に対応する各動画も含め色々作り直すので、沢山作った分手直しの時間もかかり書籍化の元の資料が完成するのが年末、出版が来年になりそうです。
動画も作り直しますが、目標は動画がなくても子供でもその通りに練習したら上手くなっちゃったという資料を目指します。
そういう練習方法は完成しているので、あとは丁寧に資料を作り直すだけです。

資料と動画で学ぶ→資料だけでもわかりやすい!動画もあって便利
と方向性を変えていきます。


こう考えた理由は単純で、気が付いたら今まで作ってきた資料が200ページくらいになり、今までのファイルに入れてお渡しする方法だと1つファイルを作るのに印刷・差し込みで結構時間がかかってしまうためです。

このように初心者の方には音符カードも渡しているのですが、ファイルとカードの1セットを作るのに3時間くらいかかります。
画像

1人ならいいのですが2人、3人同時に申し込みがあるとそれで1日つぶれてしまうので、もう教本として作っちゃおうと。

私の資料は、「この人はここで疑問を持ったからこう説明したら伝わった→資料に追加」と、どんどん色んな方の疑問を解消する形で作って来ました。
それが安定してきて追加する必要がなくなったので、書籍化しても問題ない時期に来たというのもあります。



それの最初のページとして資料をいくつか作ってみました。
ギター各部の名称
クラシックギターを弾くために必要な器具
チューナについて
チューニングの方法1
チューニングの方法2
ギターの構え方1
ギターの構え方2〜幼稚園生用〜
譜面台を使っての練習姿勢

勉強できたかの確認にこういったテスト用の資料も作りましたが、ページ数を増やしてきりがないので教本に入れるか迷っています。
これは今まで通り資料として1枚1枚配布するというのでもいいかな。

PDFを開くのが面倒だという方でどんな感じかご興味がある方用に、例としてチューニングの資料の画像をご用意しました。
画像

画像

子供でも読めるように読み仮名をふったので、その分ごちゃごちゃして読みにくいかなと少し不安です。

入ったばかりの小1の子と2年ほど習っている幼稚園生の子に試したら10分説明したらできました。
意外と簡単にできて驚きました。

大体の資料には対応する動画も作っており、資料に動画対応のQRコードも貼っていますが、それも作り直そうかと思います。
限定公開ですが動画アップ数も気が付けば900を超えており、その中で資料用のものは120くらいあり、その辺が今年できる気がしないと抱負を書き渋っていた理由です。


例えばチューニングの動画はこのように作っていますが、今まで小さなお子さんはご両親に頼んで動画を見てもらって、家での練習の参考にして頂きました。
その両親のご負担を減らせないかと考え、また、お子さんが一人でも自主的に学べる資料を目指しました。
ちょうど新しく小学1年生の女の子が入ったので、その子に試してもらい微調整していきます。



資料を作るにあたって、今まで感じていた背景が邪魔だったという部分の改善に努めました。
撮影対象が足台の場合、当然床が背景として写ります。
画像


床が写っていると、文字を書き込んだ時読みにくくなるので除外しました。
また、資料の写真は目的の対象物以外が写っているとそこに視線がとらわれる場合があり、特に小さな子はそうなりやすいかなとずっと背景を消したかったというのもあります。

フォトショップでちまちま背景を消してこうなります。
画像


この作業が何かに似ているなと思ったら、昔お祭りでやった型抜きでした。
型抜きよりは楽だと思いますが苦手なんですよねこの作業…
今回30枚の写真の背景を消しましたが、ずっとパソコンに向かっていたら慢性的に肩と背中が痛くなって運動しなきゃなあとジムのプール通いを増やしました。
とりあえず教本にむけて最初の8枚ができて良かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

何かに似てると思ったら型抜き クラシックギター講師市川亮平のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる