遊びというか悪ふざけ2

https://ichikawa-cgt.at.webry.info/201902/article_2.htmlの続きです。
前回はこんな感じでかなり遊んでしまいました。
画像


2日目は前日撮影の荷物を担いで雪の中を5往復、約5km歩いたので色々痛みが。

妹はスキーに行きましたが、私は信濃平のかまくらの里を見に行きました。
この3日後に予定されているかまくら祭りのためテレビの取材もきていました。

残念ながら日程が合わず、かまくら祭りは始まっていませんでしたがその準備を見ることができました。
画像


中はとても広いです。
画像



予約すればここでお鍋も食べられるそうです。
画像



可愛い小さなかまくらも。
画像



うちのかまくら・・・コーヒーを飲むくらいならできるかな
画像



何年か前のは一応ご飯が食べられるくらいには広くできました。
画像

画像


かまくら見学の後は家に帰り、年末に続き父のそば打ちをレクチャーを受けながら見学しました。
今回はビデオカメラを持っていき、復習できるように撮影しました。

蕎麦を食べたらまた裏の公園に行き、昼の撮影。
日が傾き、光の加減が難しくあまりうまくいきませんでした。
画像



これなら下の一昨年のほうが良かったかなあ。
画像

画像


撮影後、家族で野沢温泉に行き、その後家で焼肉。
野沢温泉は外国からのスキー客で賑わっていました。


少し休んだら、晴れてきたのでまた夜の撮影。
今回はライトに赤と青のセロファンを重ねて、更に手拭きタオルを2重に巻いたもの、
暖色系のライトに手拭きタオルを巻いたものの2本を持っていきました。
前の日と同じ場所で撮影。
暖色系のライトでギターを5秒ほど、タオルを重ね赤青のライトでかなり弱い光を全体に20秒ほど当てました。
画像

前日よりは落ち着いた感じになったかな。
これか次のが今回のベストかも。

比較明合成
画像



次はもみじの木と
画像


比較明合成…残念ながら撮影中にほんの少しカメラが傾きぶれました。
画像


最後に幽霊っぽく写ってみました。
ハクキンカイロを巻いたのですが、レンズが結露してますね。
レンズヒーター買おうかな。



カラーセロファンの使い方としては薄手のタオルを2重で巻いて淡い光で使えば桜や紅葉などを映えさせる撮影ができるかもしれないと感じました。


最終日は午前中温泉、午後は一人で蕎麦打ちの全工程に挑戦。
帽子をかぶるのを忘れ、この後慌てて被りました。
画像

画像


完成!切れるかと思いましたがなんとか蕎麦っぽくできました。
画像


フォームが悪いのでしょうが最初の水回し10分で腰が痛くなり、蕎麦打ちの辛さがわかりました。
蕎麦昇段試験みたいなのがあるらしいですが、設置から片付けまで45分で収めないといけないらしいです。
残念ながら私は1時間15分もかかりました。
蕎麦も好きですが、ラーメン、うどん、スパゲティと麺類全般が好きなので、続けていったらそういうのも打てるようになるかな、と帰省するたびに打とうかと思います。


蕎麦が打てたら、次に母に天ぷらの揚げ方を習いました。
少し前から揚げ物に凝りだし、唐揚げ、とんかつ、カキフライと満足できるようになってきてついにノンフライヤーまで買ってしまったのです。
まあノンフライヤーより普通に揚げた方が美味しいです・・・
でもフライドポテトや揚げ餅作るのは便利なのでそっち方面で頑張ってもらいます。

これは油で揚げた唐揚げとカキフライですが、なかなかよくできました。
画像

画像


ただ、天ぷらがどうも上手くできず、せっかくの機会なので天ぷらの上手い母に揚げ方を教わりました。
多分粉をできるだけ拭うのが私に足りなかった工程だったようです。
それをしたら自分にしてはまあまあな天ぷらができました。
画像


そしていよいよ試食。
画像


なんとか蕎麦らしさは保っています。
味は自分で作った贔屓目もあって美味しいです。
細切りながらコシもあり父も褒めてくれました。
天ぷらもさくさく。
画像


割と動き回りましたが家族にも会え、温泉にも入り、色々な経験ができた3日間でした。
次はまた春に来よう。