オンラインレッスン2ヵ月ありがとうございました

4月6日から5月31日まで、約2ヵ月毎日オンラインレッスンにお付き合い下さりありがとうございました。
まずやって良かったと思ったのは、子供の生徒さん達のことを今までより深く知れたこと。
お手伝いをして、お駄賃をいくら貰えるかまでわかっちゃいましたよ。
今日給料日なんだーと嬉しそうに話していて微笑ましかったです。
意外と稼いでいてびっくりしました。
他にも何故かお母さんを画面に映そうとしたり、お母さんに楽譜を持ってきてもらってありがとうを言っていなかったり、ありがとうを言ったり、そういうとこも先生はしっかり見てますからね!


それから自宅での練習環境がわかったこと。
小さい子は椅子の高さが違うため足台を使っていなかったりして、なるほどと思いました。

今回は長期休校状態の子供さん達に一つの生活の軸になれば良い、気晴らしになれば良いというスタンスで行ったので普段より内容は緩く、楽しんでもらえればとレッスンをしてきました。
それでも週2,3回くらいやれば普段より上達が2倍くらい速くなっていました。
これは今回レッスンした子全員がそうだと自信を持って言えます。

一方細かなニュアンスの表現は頑張れば伝えられるがそのためには通常より労力が必要だったり、例えば左手の重心移動という技術は準備としての練習は行いましたが、現時点で小学校低学年の子供にオンラインで伝えるのは無理だと諦めました。
万能ではないという事ですね。

対面、オンラインレッスンを上手く使い分けていく必要を改めて感じました。

一人での練習定着や練習観察という新しい展開のレッスンも開拓でき、なによりもっとギターを楽しみながら学んでもらわねばという事を改めて思いました。
楽しいにも色々あって、ギターを弾くのが上手くなって楽しい、好きなギターという分野の知識を学べて楽しい、先生のキャラクターが楽しいetc.、様々な楽しいがあります。
それらは全部大事です。
人によって求める「楽しい」の割合が違うので、この人はこの楽しい多めでとか、この子はこの楽しい多めで、と調整していきたいと思います。
更に言うと日によってもそれらが異なってくるので、その辺りも口調のニュアンスや表情からしっかり判断して配分を決められたらと思います。
蕎麦を打つ時、その日の気温や湿度に合わせて水と粉の配分を決めると言いますが、こういう感じなのかな。

それで終わらずその「楽しい」をどんどん拡げて新しい「楽しい」を知ってもらえるようにしていきたいです。

一応毎日レッスンは練習定着のため一人だけまだ続けていますが、それも今日が最後です。
その子にも新しい「楽しい」を知ってもらうため頑張ってきましたが、さてどうなるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント