一匹メダカ、ボスになる

2人の生徒さんが最近大きな舞台で演奏したり、来月学校で演奏する子が2人いたり、同世代で私とは違いしっかり着実にキャリアを積んでいらっしゃるクラシックギタリストのお子さんのレッスンを始めることになったり責任重大ですが元気で過ごしております。
いや、毎回そのギタリストの方もそばでレッスンを見ているので、小心な自分は緊張で若干お腹が痛いです。
お父様もお子さんのレッスンが得意なのですが、やっぱり親子だと難しい部分があるみたいです。
お腹は痛いですが、今までトライアンドエラーで独自のレッスンスタイルを作ってきて、それが正しかったか確認ができるのは良かったです。
今のところなんとか順調です。

そう言えば先日書いたネットで発表会はもう5年以上習っていて、今は11月のある日を弾いている発表会に参加したことがない生徒さんも興味を持ってくださったり、舞台で緊張してしまうという生徒さんも「自分にもってこいの催し!」だと仰って下さったりかなり評判が良さそうです。
嬉しいなあ。


最近始めたビオトープや熱帯魚水槽(まだ魚はいれていませんが)でエビが赤ちゃんを産んだところまで書きました。
エビの子.jpg


順調に育っています。
数えたら13匹くらいかな。
1匹200円だから…ウホホ

そしてビオトープでも出産が。
気が付いたら1匹ですが子メダカが産まれていました。

メダカ赤ちゃん.jpg

わからないですよね。
拡大!
メダカ赤ちゃんトリム.jpg


エビもメダカも赤ちゃんが生まれ、これは水槽を増やさねばと思いましたが、水槽を一つ立ち上げるのは中々手間がかかるので取り合えずこの子をビオトープに移しそこに赤ちゃんたちを移そうかと画策しました。
DSC_0082.jpg
そうしたら原住民と大喧嘩
これはダメかと元の小さい水槽に戻そうと思って1日経ったらこいつがボスとして落ち着きました。
体もちょっと他より大きいようです。
見たことないけど猿山のボス争いのようだ。
原住民には申し訳ないけど、これで狭い水槽から多少広い場所で過ごせるようになって良かった。

メダカの稚魚は隔離しようと思ったのですが水が合わなかったらどうしようと悩み、観察していたら安全地帯を見つけて過ごしているのでそのまま見守ることに。
1週間ほど経ちましたが大丈夫そうです。
白い丸の部分に水上植物の鉢があって、その縁より微妙に上に水位が来るようにすると成魚が入ってこられない安全地帯ができ、そこに常駐しています。
maruDSC_0058.jpg

エビの赤ちゃんは親エビに何かされることも無く無事過ごしているのでそのままに。
丸いガラス水槽は今石巻貝1匹の寂しい状態になっています。
そのうち小エビを1匹入れる予定です。

30センチ水槽に魚を入れるのはエビの赤ちゃんたちが大きくなるまで無理なので、レッスン室前の廊下には現在エビと貝しかいません。
最近入った年長の子に「次に来るときはお魚いるよー」と伝えたところ「レッスンに来るのが楽しい!」と言ってくれたのに期待を裏切る形になってしまいました。
メダカがいる時のレッスンで疲れが見えた時、休憩をしてメダカに餌をあげたら元気になってレッスンが続けられたのでそのために魚居たほうが良いよなあ…と結局もう一つ45㎝水槽を立ち上げることにしました。

カラフルなエビの水槽をやってみたかった、というのと中学生の頃は断念したアクアテラリウムというのをやってみたいなあと思い準備開始。
高さが低めの45㎝水槽を用意し底面フィルターを設置。
フィルターには目の細かい洗濯ネットを覆いその上に網に入ったゼオライトを敷き、更に上にエビ向きのソイルを敷きました。
そして屋台で焼きそばなどを入れるプラスチックの容器を切って上蓋だけにし、底にいくつも小さい穴をあけソイルを敷きキューバパールグラスを植えました。
底面フィルターを掃除する時容器を取り出せば良いので楽かなあと。
素人考えなので間違えているかもしれません。
参考にはしないでください。
間違えがいくつかある気がします。

溶岩石や流木にはウィローモスを巻き付け活着を目指します。
この流木、ミニチュアの樹みたいな大変良い形なのにセールで300円とお安く買えました。

こうやって水位低めでサランラップで蓋をして時々霧吹きをすると湿度が保て、パールグラスに光が当たりやすくて成長が速いとサイトで見て試しています。
これで2週間くらい待つかなあ。何事も最初の準備が大事なのでじっくり進めます。
失敗するかもしれませんが。
結局子供に魚を見せるのは先になりそうです。
IMG_20200722_093900.jpg

若干浮いてきたりしていますが、酸素を沢山出しているのでちゃんと育っているかな。
パールグラスは昔試そうとしましたが難しいと聞いて諦めた憧れの水草です。
IMG_20200724_130034.jpg

あとはミクロソリウムを流木に巻いて水中と水上に置いて水草は終わりかな。
掃除しやすいように全て何かに巻き付けたりして配置する予定です。
エビの子もメダカの子も新水槽も先が待ち遠しい。
家で出来る楽しみが増えましたが、何もせずボーっと水槽やビオトープを見ていていつの間にか時間が経っているので若干危険です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント